韓国コラム

2022年版 韓国の祝日・祭日一覧【ソルラル・チュソク等】

スポンサーリンク

韓国も日本と同じように祝日がありますが、名称や日付は異なります。
特に、旧正月(ソルラル)、秋夕(チュソク)といった韓国ならではの祝日もあり、大きな行事の1つになっています。

韓国ではどのような祝日がいつあるのか?
振替休日はいつなのか?

2022年の韓国の祝日・祭日を一覧でご紹介します。
あわせて、各祝日がどのような内容、名目なのかもまとめています。

2022年の韓国祝日一覧

日本にもある祝日ですが、もちろんお隣の韓国にもあります。
日本と同じく「赤日」になる祝日・祭日はお休みになるところも多いのですが、日付や内容は異なります。

特に2022年は、大統領選挙、地方選挙があり、選挙の日は祝日になるんです!
びっくりですよね!

では、韓国にはどんな祝日がいつあるのでしょうか?
記念日などは省略し、赤日になっている祝日・祭日のみを記載しています。

振替休日などがある箇所については、備考欄にて説明を記載しています。
各祝日の詳細を知りたい方は、もう少し下で「2022年の韓国祝日詳細」にて説明していますので、参考にしてください。

10日は土曜のため、12日(月)は振替休日なので4連休

日付 祝日名 備考
2022年1月1日(土) 元旦
2022年1月31日(月)~2月2日(水) 旧正月
(설날/ソルラル・ソルナル)
31日は大晦日
1日は旧正月
※当日の前後1日は休みになるので3連休
2022年3月1日(火) 三一節
(삼일절/サミルジョル)
2022年3月9日(水) 大統領選挙
(대통령선거/テトンニョンソンゴ
2022年5月5日(木) こどもの日
(어린이 날/オリニナル)
2022年5月8日(日) 釈迦誕生日
(석가탄신일/ソッカタンシニル)
振替休日はなし
2022年6月1日(水) 2022年地方選挙
(지방 선거/チバン ソンゴ)
2022年6月6日(月) 顕忠日
(현충일/ヒョンチュンイル)
2022年8月15日(月) 光復節
(광복절/クァンボクチョル)
2022年9月9日(金)~12日(月) 秋夕
(추석/チュソク)
旧暦9月10日およびその前後3日間が該当
2022年10月3日(月) 開天節(建国記念日)
(개천절/ケチョンジョル)
2022年10月9日(日) ハングルの日
(한글날/ハングルラル・ハングルナル)
※日曜のため、10日(月)は振替休日
2022年12月25日(土) クリスマス
(성탄절/ソンタンジョル)

2022年の韓国祝日詳細

韓国の祝日は、特別なことをする日もあれば特に何もしない!という日もあります。

特に大きな行事となるのは「旧正月/ソルラル」「秋夕/チュソク」ですね。
日本でいうお正月、お盆休みにあたりますが、韓国は「チャレ」という特別なことを行うので一大イベントでもあります。

それぞれの祝日にどんな意味があるのか、特別なことをすることがあるのか、以下でご紹介しますね。

2022年1月1日 元旦

1月1日は「元旦」で韓国も祝日扱いになります。
ただし、日本のような年末年始、お正月の過ごし方はしません。

韓国の場合、12月31日も通常業務です。
1月1日は祝日で、1月2日から再び通常業務が始まります。

おせち料理なども食べないですし、新年をお祝いするためにお酒を飲んだりするぐらいですね。

2022年1月31日~2月2日 旧正月(ソルラル)

韓国にとってのお正月は、この「旧正月」になります。
韓国語では「설날/ソルラル・ソルナル」といいます。

旧正月とは「旧暦の正月」のことをいいます。
日本では、太陽の運行に基づく新暦(太陽暦)が採用されているため、年の始まりは1月1日になるのでその期間がお正月になります。

しかし、韓国や中国では、月の満ち欠けに沿った日付・太陽の運行を組み合わせた「太陰太陽暦」を採用しているため、旧暦でお正月をお祝いするのが一般的なのです。
日本も昔は旧暦だったんですよ!

そして、韓国の「ソルラル」は「チャレ」というご先祖様に挨拶する一大イベントもあります。

韓国ドラマで見たことある方も多いかもしれないですね!

前日から準備を始めるので、嫁いでいる女性は本当に大変・・・。
準備するものは家庭によって異なりますが、基本的に朝8時から始めるのでダラダラ寝ていられません!

家族や親戚をとても大切にする国なので、ソルラル当日は大勢の人が集まります。

ちなみに、ソルラルは当日の前後がお休みになるので、基本的に3連休です。
土日にかぶった場合は振替休日が適用されるので、4連休になる年もありますね。

2022年3月1日 三一節

3月1日は、「三一節/サミルジョル」という祝日があります。

これは、1919年3月1日に日本の統治下で起きた独立運動を記念した日です。
30年後の1949年に国民の祝日に指定されました。

追悼、哀悼する記念行事があちこちで行われます。

2022年3月9日 大統領選挙

韓国では、大統領選挙が行われる日は祝日になります。
第20代大韓民国大統領を選出するために、2022年3月9日に国政選挙が行われるので、2022年は祝日がいつもより多いんです。

今回から選挙法の改正により、投票年齢が18歳以上に引き下げられました。
韓国の選挙投票率はとても高いんですよ!

2022年5月5日 こどもの日

日本では、3月3日は桃の節句として女の子の日。
5月5日はこどもの日として、男の子の日と区別していますね。
お雛様や鯉のぼりなどを飾ったり、ケーキを食べたりする家庭が多いと思います。

韓国には、桃の節句というのがありません。
5月5日のこどもの日が男女共通になっています。

特に飾り付けをすることもないのですが、子どもにプレゼントを送ることが一般的です。
そのため、韓国の検索ワードには「こどもの日 プレゼント」という言葉が出てきます。

お正月、こどもの日、クリスマスと年に3度もハッピーな日があるんですね!

2022年5月8日 釈迦誕生日

韓国では、お釈迦様の誕生日をお祝いするために祝日が採用されています。
旧暦の4月8日に行われるので、毎年日付は変わります。

釈迦誕生日では、韓国仏教の年中行事の中でも最大規模で行われます。
「燃燈会」といって、参加者が自分で作った燈を持参するので、とても盛り上がります。

寺院ではカラフルなランタンがたくさん吊るされていて、とてもキレイなんですよ~!

2022年6月1日 地方選挙

韓国では、大統領選挙だけでなく「地方選挙」の日も祝日になります。
2022年は6月1日に行われるので、この日はお休みで多くの方が選挙に足を運びます。

日本にはない祝日なので羨ましいですね!

2022年6月6日 顕忠日

韓国の戦没者を追悼する記念日として、6月6日は「顕忠日」となっています。
けんちゅうびと読み、韓国語だと「현충일/ヒョンチュンイル」と書きます。

2022年8月15日 光復節

光復節は、1945年8月15日に独立を記念した日です。
また、1948年8月15日の政府の樹立を祝う日でもあり、祝日になっています。

特別な行事などはありません。

2022年9月9日~12日 秋夕(チュソク)

日本のお盆にあたるのが、韓国では「秋夕/チュソク」といいます。
旧正月/ソルラルに続く、大事な行事の1つ。

旧暦8月15日にあたるので、毎年日付は変わります。
秋夕当日と前後1日ずつの3日間が休みとなります。

ソルラルと同じく、親戚や家族が集ってご先祖様に挨拶をします。
チャレも行います。

さらにチュソクは、収穫感謝祭とも呼ばれています。
作物の豊かな収穫を感謝する日で、ソルラルと同じように嫁いでいる方は大忙し・・・!!

ちなみに、チャレでフルーツなどが並んでいることがほとんどですが、上の部分が少し削れていますよね。
これは、ご先祖様が食べやすいように!という意味を込めて、フルーツの上を削ぎ落としているんですよ!

2022年10月3日 開天節(建国記念日)

朝鮮民族の始祖とされている伝説上の人物「檀君」が、古朝鮮を建国したことを記念する日として「開天節」が制定されました。
祝日として制定されたのは1949年です。

建国記念日と書いてありますが、朝鮮半島の起源となる最初の民族国家「古朝鮮(コジョソン)」が作られた日と言ったほうが近いですね!

2022年10月9日 ハングルの日

世界中で唯一の文字創製記念日として「ハングルの日」というものがあります。

韓国の文字「ハングル」を作ったのは、朝鮮王朝第4代目の王「세종대왕(セジョンテワン/世宗大王)」です。
王が1446年の旧暦9月にハングルを公布したことを記念し制定された祝日なんですね!

ちなみにハングルは、ユネスコ世界文化遺産として登録されています。
40個の子音と母音しかない中で、約11,000の発音を記すことができるすごい文字なんですよ!

2022年12月25日 クリスマス

イエス・キリストの誕生日である12月25日。
人口の3割がクリスチャンといわれている韓国では、クリスマスは祝日になっています。

韓国語だと、「성탄절/ソンタンジョル」といいます。
挨拶は同じく「メリークリスマス」で、韓国語で書く場合「메리 크리스마스(メリ クリスマス)」になります。

日本と同じく、街中はイルミネーションなどでキラキラ!
恋人や友人と過ごしてパーティや飲み会などをします。

2021年の韓国祝日一覧

参考までに、2021年の韓国祝日もご紹介します。
振替休日などがある箇所については、備考欄にて説明を記載しています。

各祝日の内容については、2022年版と同じになりますので省略しています。

日付 祝日名 備考
2021年1月1日(金) 元旦
2021年2月11日(木)~13日(金) 旧正月
(설날/ソルラル・ソルナル)
11日は大晦日
12日は旧正月
※当日の前後1日は休みになるので3連休
2021年3月1日(月) 三一節
(삼일절/サミルジョル)
2021年5月5日(水) こどもの日
(어린이 날/オリニナル)
2021年5月19日(水) 釈迦誕生日
(석가탄신일/ソッカタンシニル)
旧暦4月8日
2021年6月6日(日) 顕忠日
(현충일/ヒョンチュンイル)
2021年8月15日(日) 光復節
(광복절/クァンボクチョル)
※日曜のため、16日(月)は振替休日
2021年9月20日(月)~22日(水) 秋夕
(추석/チュソク)
旧暦8月15日およびその前後3日間が該当
2021年10月3日(日) 開天節(建国記念日)
(개천절/ケチョンジョル)
※日曜のため、4日(月)は振替休日
2021年10月9日(土) ハングルの日
(한글날/ハングルラル・ハングルナル)
※土曜のため、11日(月)は振替休日
2021年12月25日(日) クリスマス

2021年は日本の祝日は15日、韓国の祝日は12日でした。
ちなみに韓国は2021年から振替休日が適応されるよう法律が変わりました。
それまでは振替休日がなかったため、「韓国は祝日が少ない」と言われていたんです。

日本のようなゴールデンウィーク、シルバーウィークもないので、韓国の方から見るととても羨ましい連休だそうですよ!
国によって祝日が違うのもまた面白いですね!

スポンサーリンク

-韓国コラム

© 2022 韓味喫茶