韓国語

【今から使える】韓国語の可愛い言い方&書き方(打ち方)のコツを伝授

スポンサーリンク

SNSや友人とやり取りをする際、日本でも語尾を可愛くしたりアレンジすることがありますよね。
韓国でも同じく可愛い言い方や書き方、打ち方というのがあります。

難しいものではなく、今から使える簡単なやり方を伝授しますので、ぜひ活用してみて下さい。

韓国語の語尾を変えるだけで可愛い表現になる

日本語にも、可愛い言い方や打ち方というものがありますね。
例えば「いいよん!」「わかったぁ!」など、語尾を少し変えるだけで雰囲気が柔らかくなったりします。

韓国語にも同じように可愛く表現する方法というのがありますが、その時の流行によって変わってくる部分もあります。
流行に左右されない最も簡単な打ち方は、日本と同じく語尾を変えることです。

SNSでも多用する方はいますし、韓国語も同じように語尾を変える方法は年齢問わず使用されています。
また、日本人だと男性はあまり語尾を可愛くすることはしませんが、韓国人は男性でも多用しています。

語尾を変えるのは最も簡単な方法であり、今からでもすぐに使える表現です。

語尾を変える前に知っておくべきこと

語尾を変えると言っても使えるケースと使えないケースがあります。

韓国語には、大きく分けて「ハムニダ体」「ヘヨ体」「パンマル」という3種類が文末表現として使用されます。
具体例をあげてみますね。

こんにちは
ハムニダ体 안녕하십니까 アンニョンハシムニカ
annyonghasimnikka
ヘヨ体 안녕하세요 アンニョンハセヨ
annyonghaseyo
パンマル 안녕 アンニョン
annyong
ありがとうございます
ハムニダ体 감사합니다 カムサハムニダ
gamsahamnida
ヘヨ体 고마워요 コマウォヨ
gomawoyo
パンマル 고마워 コマウォ
gomawo

簡単に言うと・・・
・ハムニダ体→丁寧な言い方(上司などに使用)
・ヘヨ体→少し丁寧な言い方(そこまで親しくない人に使用)
・パンマル→タメ口

という使い分けがあり、ハムニダ体には原則として可愛い打ち方というのは使用しません。

ただし、友達に「ありがとうございますん!」のようなふざけた感じで使用する際には、ハムニダ体の語尾を変えるのはありです。
あまり親しくない人や、SNSで知り合ったばかりの人には使用しません。

語尾を変える際は、ヘヨ体、パンマルに使用すると覚えておきましょう。

簡単に使える!韓国語の可愛い打ち方をご紹介

では実際に、どのように語尾を変えると可愛い言い方や表現になるのか?をご紹介しますね。
また、語尾を変える方法だけでなく、少し応用した簡単な可愛い表現もあわせてご紹介します。

その1:語尾に子音「ㅇ」を使う

最初でも触れましたが、最も簡単で可愛い表現は文の語尾を変えることです。
変えるというよりは「付け足す」という表現のほうがあっているかもしれません。

付け足すのは韓国語の子音にあたるもので「ㅇ」という文字です。
イウンという名称があり、文章の最後の文字に「ㅇ」をつけるだけで、文章が可愛くなります。

多くの方が聞いたことのある「안녕하세요/アンニョンハセヨ」で具体例をあげてみますね。

안녕하세요(アンニョンハセヨ)は韓国語のおはようからこんばんはまで使える挨拶です。
ヘヨ体になり、少し丁寧な言い方ですので、親しい友人はもちろん、あまり親しくない人にも使える幅広い方法です。

通常であれば、안녕하세요.で終わるのですが、可愛い表現にするために「ㅇ」をつけてみましょう。

・通常→안녕하세요
・かわいい表現→안녕하세용

違いがわかりますか?
かわいい表現の方には、最後の「요」の下に「ㅇ」がついて「용」になっています。

発音としては「アンニョンハセヨン」となり、ニュアンス的には「こんにちわぁ」「こんにちわん」に近いですね。
ヘヨ体の場合は、「요」の下に「ㅇ」をつけて「용」にするだけなので、とても簡単に使えます。

では、パンマルの場合はどうでしょうか?
안녕하세요の場合、パンマルは안녕になるので「ㅇ」で終わっているため、つけることはできません。
このようにつけられないケースもあります。

別のヘヨ体とパンマルでも説明しますね。

ありがとうございます、の意味がある「고마워요/コマウォヨ」「고마워/コマウォ」。
コマウォヨがヘヨ体、コマウォがパンマルになります。

고마워요(コマウォヨ)の場合は、요で終わっているので、「요」の下に「ㅇ」をつけて「용」にすることができます。

고마워(コマウォ)の場合、最後が워で終わっていますね。
워の下に「ㅇ」をつけて「웡」と使えるので、고마웡(コマウォン)というかわいい表現にすることができます。

基本的に、文章の最後の単語を見て、「안녕」のように下に「ㅇ」がついていないものであればつけることができると覚えておけばOKです。

また、丁寧な言い方である「ハムニダ体」には原則として使用しないですが、友人とやり取りしている中で使う場合は「감사합니당/カムサハムニダン」と書くこともあります。
その方とどのような間柄かによりますので、ハムニダ体を使う場合はあまり使わないと覚えておきましょう。

TwitterやInstagramを見ていると、韓国の方が「용」と多用しているので、ぜひ活用してみて下さい。

その2:最後の単語を母音や子音で連続で使う

その1では、文章の最後の文字に子音をつける方法をご紹介しました。
それとは別で、最後の子音や単語を連続で使うという方法もあります。

これについては、「ㅇ」よりも少々難しいので、韓国語のあいうえおが読める、単語を少し読める、使える方向けになります。

こんにちは等の挨拶で使う「안녕하세요/アンニョンハセヨ」で説明します。

・通常→안녕하세요
・かわいい表現→안녕하세요오오오오

アンニョンハセヨの場合、「ヨ」が「お行」になります。
語尾を伸ばすと「アンニョンハセヨオオオオオ」のような感じになり、「요」のあとに「う」の文字「오」を連続でつけています。
おはよおおおおおお!のようなニュアンスですね。

次に、ありがとうの意味がある「고마워요/コマウォヨ」「고마워/コマウォ」で説明します。

・通常→고마워요/고마워
・かわいい表現(ヘヨ体)→고마워요오오오오
・かわいい表現(パンマル)→고마워ㅓㅓㅓㅓ

ヘヨ体は「요」で終わっているので、오を連続でつけています。
パンマルは「워」で終わっているので、母音の「ㅓ」を連続でつけています。
どちらも「ありがとおおおおお」のようなニュアンスに近いです。

この使い分けについては、一般的に母音の中でㅏ、ㅑ、ㅓ、ㅕ、ㅣで終わるものは、母音だけで連続使用する傾向にあります。
ハムニダ体の「감사합니다」であれば、最後が「ㅏ」になっているので、母音だけを連続で使うということですね。

また、かわいい表現でもありますが、独り言を呟く時などにも使用されます。
日本語で言う「つかれたあああああああ」のような表現を使う時にも使用できますよ。

その3:母音と子音の組み合わせを変える

もう1つ紹介するかわいい表現は、その2と同じく、韓国語のあいうえおが読める、単語を少し読める、使える方向けになります。

韓国語には、あいうえお表を見ると「ㅏ、ㅣ、ㅜ、ㅔ、ㅗ」の5種類の母音が使用されています。

実際には「ㅏ、ㅑ、ㅓ、ㅕ、ㅗ、ㅛ、ㅜ、ㅠ、ㅡ、ㅣ」の10種類があり、例えば「お」の場合は「오」と「어」があります。
ここでは発音や使い分けを省略しますが、あえて母音や子音の組み合わせを変えるかわいい表現もあります。

こんにちは等の挨拶で使う「안녕하세요/アンニョンハセヨ」で説明します。

・通常→안녕하세요
・かわいい表現→안녕하세여

最後の「요」を「여」に変えています。
基本的に単体で使うと意味が変わってしまうので、最後に「요」「오」が付く場合のみ、「여」「어」に置き換えて使用しましょう。

また、その1で紹介した「ㅇ」も組み合わせて「안녕하세영」と書くのも可愛いですよ!

【番外編】略語も可愛い表現の1つ

韓国語には「母音」「子音」があり、これらを組み合わせて文字を作ります。
しかし、子音を打つのが面倒!という若者が、わざと子音を使用しないで「略語」を使うことも増えてきました。

例えば・・・

・ありがとうの意味がある「감사」を「ㄱㅅ」
・OKの意味がある「오케이」を「ㅇㅋ」
・リアル(マジ、本当の意味で使用)がある「리얼」を「ㄹㅇ」
・愛してるの意味がある「사랑해」を「ㅅㄹㅎ」

などがありますが、もとの言語を知らないと読めないですし、使うことも難しいです。
韓国語をある程度理解できるようになったら、語尾を変えるだけでなく略語も取り入れることで、ネイティブっぽさも出ます。

略語については、詳細をまた別記事でご紹介できたらと思っていますので、記事を作成したらこちらにリンクを貼りますね。

スポンサーリンク

-韓国語

© 2022 韓味喫茶